経営理念

基本理念

私達は、住友商事グループ会社の一員として、住友の事業精神である「営業ノ要旨」を事業精神の柱としています。

「営業ノ要旨」 第一条 我住友の営業は信用を重んじ確実を旨とし以て其の鞏固隆盛を期すべし 第二条 我住友の営業は時勢の変遷理財の得失を計り弛張興廃することあるべしと雖も苟も浮利に趨り軽進すべからず

出典:住友合資会社社則(昭和3年制定)

また同時に、住友商事グループの経営理念・行動指針も当社の基本的な営業理念として位置づけており、当社の経営は全てこの「営業の要旨」と、それをベースに制定された「住友商事グループの経営理念・行動指針」に基づき実施されています。

住友商事グループの経営理念・行動指針

私たちは、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指します。

経営理念
  • <企業使命>健全な事業活動を通じて豊かさと夢を実現する。
  • <経営姿勢>人間尊重を基本とし、信用を重んじ確実を旨とする。
  • <企業文化>活力に溢れ、革新を生み出す企業風土を醸成する。
行動指針
  • 住友の事業精神のもと、経営理念に従い、誠実に行動する。
  • 法と規則を守り、高潔な倫理を保持する。
  • 透明性を重視し、情報開示を積極的に行う。
  • 地球環境の保全に十分配慮する。
  • 良き企業市民として社会に貢献する。
  • 円滑なコミュニケーションを通じ、チームワークと総合力を発揮する。
  • 明確な目標を掲げ、情熱をもって実行する。

この中でも、特に「信用を重んじる」ことは、私達が最も大切と考えている事業精神です。青果業界は、市場において毎日価格と数量をその場で即断即決するというルールの中で、長い歴史を歩んできました。このような商慣習の下では、取引の基本は、万事「口約束」です。すなわち青果業界は「信用・信頼」でのみ成り立っているような業界です。その業界で仕事をさせて頂くために、信用できる会社・信用できる
人物と言われるようになるために、私達は次の3つのことを特に重要な行動指針として定めています。

  • 嘘をつかない
  • 約束を守る
  • 法律や社会規範を順守する

あたりまえのことかもしれません。しかし私たちはこの「あたりまえ」のことを、真剣に愚直に守っていきます。

ページトップへ

QLOOKアクセス解析